卵のうす皮を利用した自作育毛剤の作り方


頭皮の血行を良くして抜け毛を防ぎ、白髪の予防にも効果がある自作育毛剤として有名なモノに「卵のうす皮」の育毛剤があります。

今回は卵のうす皮を利用した自作育毛剤の作り方を紹介したいと思います手(チョキ)

まず、卵のうす皮自作育毛剤を作成するために用意する材料(6ヵ月分)
・鉄釘:5cm×2本
・黒米:5g
・クエン酸:微量
・35度のホワイトリカー:600ml
・根コンブ:5g
・精製水(ミネラルウォーターでも浄水器の水でもOK)40ml
・しょうが:15g
・紅茶:5g(ティーパック2袋が目安)
・玄米:150g
・生卵のうす皮:10個分

卵のうす皮を利用した自作育毛剤の作り方
1.卵のうす皮をはがします。(ここで注意点ですが、茹でた卵は利用出来ません
1新鮮な生卵のをまず軽く水で洗います。
2卵を割り、殻をひたひたの水に1から2時間浸します。
3冷やした殻からうす皮を引き出します。(このときはがしにくい場合は、もう1時間ほど冷やして下さい。)
4はがしたうす皮は重ならないように広げて乾燥させます。
そしてうす皮が乾燥して綺麗なサクラ色になったら皮が乾燥したサインですので、これで卵のうす皮は完成です。

次回からは、卵のうす皮を利用した基本エキスの作り方を紹介したいと思いますグッド(上向き矢印)
お楽しみにるんるん
posted by 手作り育毛剤の作り方紹介 at | 手作り育毛剤作り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


奨学金